八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
広がる波紋
2019/03/13 21:22:43 ブログカテゴリ オタク | 書庫 事故調

 エチオピア航空の墜落事故によりインドネシア、エチオピア当事国だけではなく中国、オーストラリア、シンガポール、さらに欧州連合(EU)とインドなど、MAXの飛行停止が相次いでいる。




【ベルリン時事】欧州航空安全局(EASA)は12日、エチオピアで乗員乗客157人全員が死亡する墜落事故を起こした米ボーイングの新型旅客機「737MAX8」と、同シリーズの「737MAX9」について、欧州全域での運航を停止すると発表した。域外からの乗り入れも含め、欧州上空での飛行を全面的に停止する。
主要な航空市場の一つである欧州での運航停止で、ボーイングへの打撃は一段と深刻になりそうだ。代替機への変更などに伴う、運航スケジュールの混乱も予想される。まだ停止措置を取っていない、米国の対応にも注目が集まりそうだ。(2019/03/13-05:17)






対象範囲が世界に広がるとともに対象機種がMAX8だけではなくMAX一族であること、運行会社だけはなく外からの乗り入れによる上空の飛行までとなるとトラフィックへの影響は多大で将来に渡っての残発注数が非常に多いこともあり、この一件の動向は航空機メーカーのみならず世界経済への影響も少なくないものになった。





【ワシントン時事】「航空機は複雑になり過ぎている」−。トランプ米大統領は12日のツイッターで、航空機の飛行システムなどの複雑さが「危険をもたらす」との持論を展開した。米ボーイングの新型機がエチオピアやインドネシアで墜落事故を起こし、各国で運航停止が相次いでいることを念頭に投稿したとみられる。(2019/03/13-05:24)

ビジネスマンのトランプは、上記のちょっとワケわかんないんですけど・・・的なツイートをしている。
コンピュータと人間が複雑に絡み合う航空機は危険だから計器なしでも飛べるアナログパイロットを育てようと言っているのだろうか?
エアバスにならって早く人間パイロットは切り捨てろと言っているのであろうか。
いずれにしてもパイロットも知らないうちに機体がいろいろやってしまう自国ボーイング機の問題点を正しく把握しているともとれる発言ではある。


アメリカン航空の乗務員労組はダグ・パーカーCEOに対し、同社が保有する24機のMAX8について運航停止にすることを「強く検討」するよう求めている。

と、お膝元からも不安の声は聞かれているようだ。
米国としてもボーイングという米国航空産業の中枢を守りたいというアメリカファーストで結束しているわけではなく、乗務員や運行管理者と設計陣の考え方の相違、メーカーとエアラインという立場での相違などもみられる。

影響が大きすぎるのはわかるが、機体に問題があり、繰り返さない確信がもてるまで事故の核心と真摯に向き合い、本当の意味でエポックになる機体に育てあげて欲しいものだと思う。

世界初のジェット旅客機コメットが相次いで空中爆発を起こし、徹底的な原因究明の結果として与圧容器としての航空機胴体の安全性が確立されたように、事故データは次の進歩のため有効に使われてこそ、尊い犠牲に報いることができる
経済優先で不都合な真実に蓋をしてしまっては、犠牲者に報いるどころか新たな犠牲を生むことになるだろう。犠牲者の訴えに耳を傾けるためにも回収されたデータの早期開示を求めたい。












コメント(0)
トラックバック(0)

再び起きたMAX墜落事故
2019/03/13 01:38:04 ブログカテゴリ オタク | 書庫 事故調

昨年10月に起きたインドネシアのライオンエアのB737MAXの事故調査結果報告もまだまとまっていないこの時期に、続いて起きたエチオピア航空のB737MAXの墜落事故。
最新鋭、世界でもっとも売れている旅客機の相次ぐ墜落事故だけに航空業界には波紋が広がっている。恐れていたことが起きてしまったとの印象もぬぐえない。





インドネシアもエチオピアも、パイロット技量や気象という要因には問題がなさそうで、ともに最新鋭同型機による離陸直後の事故であることが不気味だ。
また双方ともパイロットは機体の異常を訴え、離陸した空港に戻ろうとしている際にアンコントロールになって墜落しており、単なるパイロットエラーでは説明できない両者の類似点が大変気になるところだ。
クラシック機から大きく進化したといわれる機体そのものに原因はないのだろうか。




今回はライオンエアと異なり墜落現場は陸地でありDFDRとCVRは既に回収されているというが、これらの結果が公表されるまでには、まだ相当の時間を要するだろう。
現時点で分かっているのはFR24から提供されている下図のような速度、高度のデータ程度だが、これでみても離陸後5:40あたりに急激な高度低下という異常な動きが見られる。





また高度と垂直速度成分を別のデータで見るとこうなっている。やはり5:40あたりになにかしらの異常が起こったと思わざる得ない下方への速度が記録されている。




最終の急上昇の部分も気にかかる。DFDRとCVRの情報のない現時点で、原因まで特定するのは難しいとしても、頭をよぎってしまうのは前回も疑われた次世代MAXに新たに装備されたMCASの存在だ。







そして、前回のライオンエアの墜落事故はまさに、AOAセンサーからの異常信号とこのMCASの機能により引き起こされたのではないかという疑いがもたれていて、シロとはなっていないのだ。

今回も同じようなAOAセンサーからの異常信号があったとは報告されてはいないが、離陸後フラップアップがトリガーとなって作動したMCASと人間のパイロットがピッチトリムの主導権をめぐって争った結果、墜落に至ったのではないのかという疑いは捨て去ることができない。

しかし、こうした仮説にはボーイングは否定的だし、今でもMAXの安全性は保障されているとしてFAAも飛行停止は必要ないとしているが、事故の当事国であるインドネシアやエチオピアでは同型機の運行停止を決めており追従する国も増える傾向にある。
ただし、あの安全意識の低い中国までが早々に飛行停止を決めたのにはファーウェイを出すまでも無く悪化する米国との関係をにらんでの政治的意図が感じられる。

いずれにしても、日本のANAHDでも1月に同型機の最大30機導入を決定しているので、今後のMAXの動向は他人事ではないといえる。
逆にJTAではMAXにしなくて良かったと胸をなでおろしているかも知れない。

今までボーイングはライオンエアの事故とMCASの関連について論じることにはきわめて消極的であったが、この度のエチオピア航空の事故により運用者側の整備の問題であるとか、マニュアルに文章を付加して対応のできるような範囲の問題ではなくなってきており、訴訟や株価下落といった経済的なダメージも避けられず、早期に徹底的な原因究明と抜本的な対策を講じねば企業の屋台骨を揺るがす事態になりかねない。
そうした意味では前回のインドネシアのライオンエアの事故時の米国側の初期対応には問題があったと感じているのは私だけではないと思う。

今後、出てくる情報に注目して行きたい。




コメント(0)
トラックバック(0)

FDAのヒミツ
2019/03/07 14:45:35 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 Others

FDA(フジドリームエアラインズ)がチャーターで連日、南ぬ島石垣空港にやってきている、普段あまり見る機会がないので、観察していると12号機の異変に気がついた。
左のNo1Engのリアカウルの色が違う。



左のリアカウルだけ白いのだ。前回のバニラのアルビノと違ってこちらは、今後もずっとこのカラーだと思うので、次のドックイン時に交換するのかも知れない。
過去の写真から調べると、どうやら昨年2018年8月24日〜26日にかけて交換作業がされて居る様子だ。
なにがしかのトラブルで他機からカニバったのか、補用品と交換したのだろう。



一度に片側しか見ることができないので、比較対象がないとあまり気づかないが、ちょっと違和感はある。



FDA機のように全機、色違いというバリエーションは、見る側に「今日は何色かな?」という付加的な楽しみを与えてくれるが、一方でパネルの互換性の問題を生み機体をメンテナンスする側にとっては思わぬ落とし穴もあるということだろう。
同様の悩みは特別塗装機でも一緒で以前はJTAのSWAL復刻機機が落雷により、みっともないことになっていた

FDAのチャーター便に関しては、一般のFRには表示されないので、FDAのサイトのここのチャーター便をチェックしておこう。






コメント(0)
トラックバック(0)

ホンダジェット飛来
2019/02/09 01:15:32 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 Others

南ぬ島石垣島空港にホンダジェットが飛来した




その特徴的な姿を生で見ると翼がきわめて低いことが目につく



非常識な翼上へのエンジン搭載と言われたが、側面から見ればきわめて
妥当な場所にエンジンがあることがわかる



もっともよく本機の特長を表しているのはこの正面図だろう
確かにエンジンを支えるパイロンは翼から生えている



宗一郎がこだわったクルマのように乗り降りできる胴体の低さはこの脚の短さ
にある。これで引き起こし角を確保するためテールの切り上げは急勾配だ




ホンダジェットのロゴ。今はこの改良型のエリートが製造されている






三菱MRJの孤立感も否めないなど国産機の将来に暗雲が立ち込めているなかで、現在、日本の民間航空の希望を一身に背負っているのがこのホンダジェットだが、ビジネス機の売上としてセスナを抜いて業界一位になるなど販売も好調のようだ。
南ぬ島石垣空港に飛来したとの情報を得てさっそく見に行ってみた。
実機を見ると本当に低い。翼下と地面の間にはタイヤ直径分くらいの隙間しかなく、翼はひょいとまたいで飛び越えられそうに見える。
翼端も低いので着陸時には傾きがシビアだったり地面効果が出そうだけれど、とくに不具合はないのだろうか。
また、この低い主翼から生えたパイロンで搭載されたGEとの共同開発による自社エンジンの搭載方法が極めて画期的だがVFW614のように「主翼上面に余計なものはつけるな」という設計室の禁句を破った設計ではなく、主翼から生えてはいるもののパイロンは大きな後退角を持っており側面から見るとエンジンの前後位置は主翼から充分な距離を保っており通常のリアジェットビジネス機と大差はないことがわかる。
このエンジンの中心よりも外側についているパイロンの設計や主翼の構造設計が、他機にないかなり慎重な設計が要求されたことだろう。その特異な形状から輸送機C−1のガニ股パイロンのように設計者の試行錯誤をうかがい知ることができる。
この一風変わった設計で、他のビジネス機と比較して高速で大きなキャビン空間を確保しているのだから、創業以来、他者のマネを嫌って一から考える社風はいまも健全と言える。
本田宗一郎が二輪の時代、翼マークに託した夢が、今、ようやく花開きつつある。
スーパーカブでバイクをリードし、CVCCでクルマをものにし、Fー1界でも活躍した技術開発重視の姿勢を貫き、今後は空の牽引者としても活躍を期待したい。









コメント(0)
トラックバック(0)

りゃんこの相方
2019/01/29 20:17:25 ブログカテゴリ オタク | 書庫 バニラ

先日、白バニラ(JA02VA)のフィレット部分のパネルが不整合で変だということを書いた





白バニラ(JA02VA)の左右のフィレットの部分のパネルの色が黄色で別のものと交換して使用しているものと見られるのだ。
白バニラは少数派なので、何かの事情で交換したときに通常の黄色用の補用品と交換したのかも、と思っていたところ





なんと黄色バニラ(JA08VA)にはここだけ白色の逆バージョンがいることに気づいた。



JA08VAのR/Hがこの状態になっているのだ。
もっとも反対側のR/Hのパネルは機体のペイント色と合っているので直接、相互に交換したのかは定かではないが、どうも諸般の事情で一部、流用して使用しているようなのだ。



気にして見ないと遠目からでは意外に気づかなかったりもするが、気づいてからはバニラ機を見るたびにフィレットのパネルの色を確認する癖がついてしまった。
ピーチカラーに統合されるまでのしばらくの楽しみだとは思うけれど。






コメント(0)
トラックバック(0)


[ 前のページを表示 | 次の 5 件を表示 ]