八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
開港2年 利用は好調なれど波たかし
2015/02/11 21:30:48 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 JTA

今日も石垣〜那覇の航空運賃についてはさまざまな記事が踊っている





ソラシドは三日前の予約まで1万円だったのが、ブーイングを受けて8200円〜8500円に改定したが、スカイマークが健全であった時代の5000円〜6000円に比べると、まだまだ高い。まあ、現在のスカイマークであれば運行を継続したとしてもこの値段程度が限界であろうと思うといたし方ないのかな、とも思う。
結局、石垣島と本島が接近し、新空港の開港にともなって順調に観光も推移した一時代は終わりを告げたことは受け入れなくてはいけないのかも知れない。



今後は、スカイマークではなく”沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業”に適用すべく石垣市議会の議員さんたちにはがんばってもらうしかない状況なのだが、独立した第三極がなくなったいま、ANAの配下になるこのSNA”空の種”がどう育つのかが鍵になってしまった。
結局、ANAとJALという古だぬきの寡占状態なのか、それとも多少は独立で競争もあり得る三番目の航空会社とみるのかが、報道をみても微妙に混乱しているように見える。



JTAの国交賞の通達があるから価格はこれ以上は下げられません!というのは、行政もJTAもお互いを都合よく利用しているようにしか我々には映らないし、背後であやつるJALのいいなりのJTAに沖縄の意識も地域色も感じとることができない。
将来、組織力によって青組にのっとられるくらいなら、地元の翼として自らが積極的に愛される第三極として独立する気はないのかを聞いてみたい。








コメント(0)
トラックバック(0)