八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
昨日の敵は今日の友?
2019/07/02 07:07:38 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 Others

CRJ買収、2強入りなるか 特集・スペースジェットの生きる道







 三菱重工業(7011)が、カナダのボンバルディアとリージョナルジェット機「CRJ」事業買収で合意した。これまでに各国の航空会社に約1900機が引き渡されている機体で、ブラジルのエンブラエルが覇権を握る前は、航空各社の主力リージョナルジェット機だった。


 ボンバルディアは新型機「Cシリーズ」の開発コストがかさみ、事業再編を進めている。Cシリーズはエアバスに売却し、A220と名前が改められた。CRJ売却後、ボンバルディアの民間機事業はビジネスジェットのみとなり、鉄道事業と二大主力事業に絞る。

 リージョナルジェットの2強のうち、ボンバルディアが市場を去ると、最大手のエンブラエルが残る。三菱重工はCRJの整備やサポートの拠点やノウハウを生かし、子会社の三菱航空機が開発する「三菱スペースジェット(Mitsubishi SpaceJet、旧MRJ)」を軌道に乗せたい考えだ。


苦戦の続いていた三菱のリージョナルジェットMRJはスペースジェットに改名し、米国市場への対応を急いでいたが、さらに訴訟問題にもなっていたボンバルディアとの関係を修復したのか、CRJ部門を買収することが報じられた。





ここのところ世界のリージョナルジェットの世界では業界再編が進んでおり、先行メーカーとしてブラジルのエンブラエルとともに業界の優であったボンダルディアがCシリーズの多大な開発経費負担などによって経営不振に陥り身売りも囁かれていた。
企業機密の漏洩問題として三菱を相手に訴えていたのは、苦肉の策としてこんな結末も視野に入れていたのかと今なら思うが、泥沼になるよりも、考え直してみたら、強豪と戦う上でも手を組んだ方がいいんじゃないか?ということで、この合意の結末に至ったのであるのなら、妥当で歓迎したいところだ。

ボンバルディアは先立ってCシリーズがエアバスA220として買収され、またデ・ビランド・カナダ時代からのDHCシリーズに加えて最新のDHC-8Q400までの製造権をロングビュー・アビエーション・キャピタル傘下でカナダの航空機メーカーのバイキング・エアの系列に売却するなど、航空機事業からの撤退も視野に入れていたものと思われる。
そして今回のCRJ事業の三菱への売却で、ボンバルディアとしてビジネスジェットを除き航空機事業からの撤退となる。

もともと三菱には訴訟の応酬以前からボンバルディア買収の動きはあったものとみられ、製造・販売実績もサービスノウハウも販売チャンネルもあるボンバルディアは、パートナーとしては三菱の不足を補い企業間にイデオロギー的な問題さえなければ、もっともふさわしいビジネスパートナーに思える。日本のエアラインにおいてボンバルディア機は使用されており、技術的にもお互いに協力関係があるわけで、訴訟も取り下げた今、さほど険悪なものはないのではないかと思う。
ましてや競走激化のなかで強敵であるエンブラエルのE2シリーズとボンバルディアのCシリーズという次世代リージョナルジェットがそれぞれボーイングとエアバスの二強に取り込まれてしまった現在、三菱が単独でこの隙間に割って入ることは難しい。
三菱が得意な技術分野とボンバルディアの豊富な経験を生かして、タッグを組んで足固めをすることは生き残りを賭けた賢明な選択に思える。
ボンバルディアの技術陣としては技術の結晶であるCシリーズを手放し、スペースジェットに協力することに違和感を覚える部分はあるかもしれないが、ともに第3の柱としての成長を期待して、スペースジェットの繁栄に協力して力を注いでもらいたい。






 CRJは「Canadair Regional Jet(カナディア リージョナル ジェット)」の略で、現行機はCRJ700(1クラス74席)と、これをベースに3クラス50席にしたCRJ550、CRJ900(1クラス90席)、CRJ1000(1クラス104席)の4機種。日本の航空会社では、日本航空(JAL/JL、9201)グループで地方路線を担うジェイエア(JAR/XM)がCRJ200(1クラス50席)を、アイベックスエアラインズ(IBEX、IBX/FW)がCRJ200(同)とCRJ700(1クラス70席)を運航していたが、両社ともCRJ200は退役済みで、国内で運航中の機材はIBEXのCRJ700のみとなった。

日本の空でもCRJは姿を消しつつあり、リージョナルジェットに関しても主翼下双発配置が主流、リアジェットエンジン配置はなくなりつつある。




コメント(0)
トラックバック(0)