八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
漂着ドローンの話から
2020/09/12 15:24:42 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 JTA

空飛ぶクルマの話からドローンの話になっていたときにタイムリーに飛び込んできた竹富島ミサシへのターゲットドローンの漂着事件、ちょうど良いのでマルチコプターがドローンの代名詞になる以前のお話からしたいと思います。
まずは漂着機について経緯を追ってみましょう。





9月8日に竹富島の北岬で見つかった漂着物としてそれは報道された。表記の型番から調べてゆくと正体は標的/標的曳航機のビーチクラフト社のMQM-107Eという無人機であり、当初、開発した米軍所有のものではと考えられていたが、機体には”右”などの漢字もあることから台湾のものでは?という見方も一方にはあった。





こうして問い合わせをした米軍からは自国のものではないとの公式回答があり、地域としては処分を自衛隊に依頼する話もあったが、その後、事態は一変する。台湾の関係筋から自分のところのものかもとの連絡が入りその後の処理は調整することとなった。


台湾軍の装備開発部門である中山科学院(国家中山科学研究院)の説明によると

一、報道の内容から、当院は、これは最近の演習で使用した無人標的機であり、一般的な訓練を目的としたもので、機密に類するような機微な機器やデータの搭載は無かったと予備的に判断しています。

二、標的機は先日の訓練終了後に海に落下しましたが悪天候で見失い回収できず、日本の海域に漂着したため、当院では関係対外部署と調整を行い、手続きに沿って事後処理作業を実施することになります。


さて、マルチコプター以前のドローンについてみてみましょう。もともとドローンは無人機を意味します。


MQM−107はロケットブースターでランチャーから発射され
その後ターボジェットの推力で巡航する

そして、本来のドローンはミサイルや射撃訓練で使われる標的機や遠隔操縦やあらかじめ指定した飛行経路を飛ぶ無人偵察機などで使われていたため軍用のものが多く、民間ではあまり馴染みのない言葉でした。


こういう無人機も括りではドローンということになります


しかし昨今、モーター、バッテリーの性能が飛躍的に向上し、空撮用のマルチコプターが一般化、多様されるようになるに連れドローン=マルチコプターとして認識されるようになったようです。
近くに居る方々に聞いてみたところ、ドローンで思い浮かぶのは4個の回転翼、あるいはもっとたくさんの回転翼をつけたラジコン機というイメージでした。
なので、このマルチコプターのドローン技術をベースに有人化した「空飛ぶクルマ」は下図のようだったのではないかと思います。





既に実用実験段階に入っているものですが、まさに数多くの回転翼がついたマルチコプターであって、「空飛ぶクルマ」の意味するものが、けしてヘリコプターの電動化ではないことが分かります。

こう見てくると誰も定義してはくれませんが、同じ回転翼を使って人を乗せてVTOL(垂直離着陸)運用が出来る飛翔体にしても「空飛ぶクルマ」と従来のヘリコプターの間には以下のような暗黙の違いがある気がいたします。

・空飛ぶクルマ = 電動のマルチコプター = 人が乗る航空機への参入を目指しているもの
・ヘリコプター = 発動機を動力とするの回転翼機 = 既存の航空機枠で規定される

そして「空飛ぶクルマ」が以上の通りであればあまり将来性はないな、というのが個人的な見解です。
なぜかというのを次回、お話したいと思います。


コメント(0)
トラックバック(0)