八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
食用もあるのかな
2013/11/18 11:10:13 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

アロエのサプリメントが健康に良いと言うことで最近注目されています。
アロエは、インスリン(一昔前は、「インシュリン」という表記がよく使われていました)みたいに働いて血糖値を下げる成分や、免疫を高めてくれる成分をたくさん含んでいらっしゃるでしょうね。
アロインという成分が豊富に含まれているので、効果よく便秘(弛緩性便秘、直腸性便秘、痙攣性便秘といった種類があります)解消や胃の健康を促進します。
アロエの利用方法は基本的に生でたべるというものですが、苦みがあるために食べにくいのも確かです。
そんな場合は、アロエを使用したサプリメントを飲むといいでしょう。
アロエのサプリメント(サプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)はさまざまなものが売られています。
多肉植物であるアロエはユリ科でキダチアロエとアロエベラが日本でよくみられるアロエの種類です。
アロエは効き目が高いため、サプリメントだけではなくてお茶みたいな形でも利用されています。
日本のアロエサプリメントにはキダチアロエがよく使われているそうです。
アロエは苦みのある独特な味をしているので、食べにくい場合はサプリメントを使用したり、アロエを粉にした飲料を使う方が口にしやすいでしょう。
アロエの中でも葉肉の部分は肌への保湿効果もあり、ミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。
アロエのサプリメントの中には、お茶のようにして飲むものやジュース状のものなどもあります。
他にも生薬、粉末、錠剤などいろいろな形態のアロエサプリメント(忙しい現代人の必需品、そんな風にいうこともできるかもしれません。)が販売されています。
種類がたくさんあるわけですから、アロエサプリを選ぶのであれね使いやすいものを選びましょう。

 



高い方がいいのかな
2013/11/10 10:50:56 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
洗顔石鹸の選び方にも注意していただきたい点があります。
界面活性剤以外で洗顔石鹸を買う時に注意すべきポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えることもあるものです)はどこからなのでしょうか。
スキンケア(季節によってもやり方を変えた方がいいでしょう)の基本は、肌と合う合わないのいい商品を使えねです。
肌のタイプがどんなものかを見極めることが、まず第一だと言えるでしょう。
オイリー肌と乾燥肌(どんなにメイクをしたところで、乾燥肌だと肌がキレイには見えませんし、メイクをすることで乾燥肌が悪化する恐れもあります)では、同じ人間の肌でも性質が異なります。
混合肌の人や、季節や体の調子によって肌の具合が変わることもあります。
たとえ、数え切れないほどの人が喜ぶ石鹸でも、自分の肌質と合う合わないが悪ければ選ぶ対象にはなりません。
肌タイプに最も合う洗顔石鹸でなければ、自分が使用してみるに適した石鹸であるという事はできないのです。
洗浄力が発揮されれば洗顔石鹸の使用量は少なくてすみますし、その結果として肌への負担が少なくてすみます。
洗顔石鹸の価格についても気になる点です。
リーズナブルなものから驚くほど高いものまで、洗顔石鹸は販売されています。
高ければいいというわけではないですが、価格が高く設定されているせっけんは材料や製造方法で手を抜かずに吟味されているものが多いと言えますね。
洗顔に際しては、正しいやり方で顔を洗いて下さい。
肌に負担をかけず、汚れを隅々まで落とす洗顔方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)を知っていなければ、よい洗顔料を使っても無意味に終わってしまいます。
洗顔方法を会得した上で、自分の肌質に合う洗顔石鹸を用いるようにしてください。


運動を継続して
2013/11/06 18:18:29 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
リバウンドをそのまま一度落とした体重をキープしていかに防ぐかが大きなカギであるのがダイエットです。
体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)を落とすことよりもむしろ、体重を落とした後、リバウンドを防ぐことの人が、実はダイエットにとって大事なことなのです。
どんなに短期間で減量できても成功とはいえません。
リバウンドは、ダイエットを行うことで必ずと言っていいほど誰しもが経験します。
大事なのは、その後もダイエット(次々に新たな方法がブームになっては消えていきます)を続けることと、いかにリバウンドを小さくできるかということです。
運動をして、リバウンド(医学用語では、薬の使用を止めたことによる病状の再発・悪化などを指すでしょう)をしにくい体を作る必要があるといわれているのです。
特に食事制限を中心にダイエット(短期間で行うのは危険でしょう。リバウンドしてしまったら、何にもなりませんよね)を行った場合、少し食べ過ぎただけでも、リバウンドを起こしやすくなります。
運動をダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)に加えておくことで、大きなリバウンドを筋肉質な体となることで防ぐことが可能です。
常にリバウンドを防ぐためも運動を継続させることはとても大切です。
ダイエットはムリな食事制限をしなくても、、運動を中心にダイエットを行えば成功させることができるでしょう。
3カ月程度毎日30分以上の有酸素運動を続けていかなくては、効果はなかなか出にくいのが、運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)だけでダイエットをする場合です。
効果といった面では、食事と運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)両方からアプローチしていく事で、上手にリバウンドを防ぐことができます。