八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
高い方がいいのかな
2013/11/10 10:50:56 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
洗顔石鹸の選び方にも注意していただきたい点があります。
界面活性剤以外で洗顔石鹸を買う時に注意すべきポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えることもあるものです)はどこからなのでしょうか。
スキンケア(季節によってもやり方を変えた方がいいでしょう)の基本は、肌と合う合わないのいい商品を使えねです。
肌のタイプがどんなものかを見極めることが、まず第一だと言えるでしょう。
オイリー肌と乾燥肌(どんなにメイクをしたところで、乾燥肌だと肌がキレイには見えませんし、メイクをすることで乾燥肌が悪化する恐れもあります)では、同じ人間の肌でも性質が異なります。
混合肌の人や、季節や体の調子によって肌の具合が変わることもあります。
たとえ、数え切れないほどの人が喜ぶ石鹸でも、自分の肌質と合う合わないが悪ければ選ぶ対象にはなりません。
肌タイプに最も合う洗顔石鹸でなければ、自分が使用してみるに適した石鹸であるという事はできないのです。
洗浄力が発揮されれば洗顔石鹸の使用量は少なくてすみますし、その結果として肌への負担が少なくてすみます。
洗顔石鹸の価格についても気になる点です。
リーズナブルなものから驚くほど高いものまで、洗顔石鹸は販売されています。
高ければいいというわけではないですが、価格が高く設定されているせっけんは材料や製造方法で手を抜かずに吟味されているものが多いと言えますね。
洗顔に際しては、正しいやり方で顔を洗いて下さい。
肌に負担をかけず、汚れを隅々まで落とす洗顔方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)を知っていなければ、よい洗顔料を使っても無意味に終わってしまいます。
洗顔方法を会得した上で、自分の肌質に合う洗顔石鹸を用いるようにしてください。