八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
適用されない
2013/12/23 22:13:43 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般

今現在、進行中のにきびに悩んでいる人もいれば、昔にきびができていたときにつぶしてしまった、自己流のケアをしていたためににきび痕が残ってしまい悩まれる人もいることでしょう。
とくににきび痕には、茶色く色素沈着(基本的には、害はありませんが、見た目が悪く、時には疾患が原因で起こることもあります)してしみになっている場合、皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)が陥没している場合(肌の炎症性疾患瘢痕と言った)、毛細血管(拡張状態になると、皮膚の表面が赤くなってしまいます)が拡張状態などがあり、悩みも深いとされているんです。

色素沈着によるしみなら、ケミカルピーリング(フルーツ酸などで老化した古い角質を剥がして、皮膚の再生や肌質の改善を目指します)やレーザー治療で目立たなくなる事もあります。
ある種のフラッシュランプによる光を皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)に当てることで、血管が壊されて赤みがとれる治療法もあるはずです。
にきび瘢痕に対しては、しわ取りレーザーを使って皮膚組織を整える方法がありますね。
ニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)瘢痕の中でも浅い陥没の場合だったら、グリコール酸ピーリング(安易に行うと皮膚トラブルにつながってしまうこともあるので、慎重に注意書きなどをよく読みましょう)を行なうことでその陥没の段差が少なくなって目立たなくなることもあります。
深い陥没の場合には、トリクロロ酸やサリチル酸などのやや強めの酸を用いたピーリングが行なわれるみたいですよ。
またニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)瘢痕の中でも皮膚が盛り上がっているような状態の場合は、外科的に切って縫い合わせる方法やステロイド薬を局所注射する方法が行なわれることもあります。

これらのにきび痕の治療はほとんどが保険が適用されないので実費治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)となります。
また特殊な治療になるため、専門医とよく相談して進めなくてはなりません。
いずれにしても、にきび瘢痕を治すのは大変な治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)となります。
できるだけにきび痕を残さないよう、にきびが軽症のうちに正しい治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を行なって完治させる事が重要なのです。

青じゅる