八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
いるみたい
2013/11/25 16:42:29 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 日記

サプリメントでカロチノイドを摂取して健康増進に役立てるという人は多く、商品の種類も無数にあります。
人気のサプリメントとして良く売れているカロチノイドですが、副作用も少なからずあるようです。
カロチノイドの副作用についていくつか調べてみました。
βカロチンのサプリメントは、カロチノイドサプリメントの中でも人気の商品です。
このβカロチンのサプリメントを、ビタミンAサプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)やマルチビタミンサプリメントと併用する時は、注意しておきたいことがあります。
なぜかというと、ビタミンAのサプリメントの中にすでにベータカロチンが含まれている可能性が大きいからです。
カロチノイドサプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)と、ビタミンAサプリを併用すると、どちらにもカロチノイドが入っていて飲みすぎ状態になってしまいます。
手や足がβカロチンの飲みすぎで黄色くなると言われていますが、過剰摂取はそれ以上に体によくない影響を与えます。
ひどい場合には肝機能の低下を招く人もいるみたいです。
ベータカロチンが肝臓に蓄積される為に起こる症状です。
カロチノイドの一種のレチノールというのは、動物性のものです。
レチノールを飲みすぎると、頭の痛みや吐き気、皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)のぼつぼつなどと言った症状が出ることもあります。
カロチノイドのサプリメントを利用する時には、商品の説明をよく読んで、摂取する量に気をつけましょう。
数種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)のサプリメントを使う時には、状況に合わせて医師や、薬剤師に話を聞く事によって、カロチノイドなど特定の栄養素が過剰にならないように注意しましょう。