八重山島風ブログ  [PR]世界中の美女たちが沖縄に集結! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
本日1/6(土)昼12時〜古見健二「はがいじめのR&R」を熱唱!
2018/01/06 10:02:35 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 石垣島ミュージシャン














本日、かっこいいギタリスト古見健二君が
「はがいじめのR&R」を歌います♪♪♪

ただでさえ、「はがいじめのR&R」は、
ちょっと照れくさそうな感じで歌い始めるのに、
TVで歌うなんてすごい!

ファンがふえちゃうじゃないか?
嬉しいことだね!

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆
2018年最初の『沖縄BON!!』は、

【今年、沖縄BON!!が注目する企業とミュージシャンにフォーカス 】
1月6日(土)ひる12時〜

■これまで薬の原料などは、主に陸上の植物などから開発されてきたが、海にも無限の資源が眠っている。
その海の資源を集めるオーピーバイオファクトリーの活動を紹介。

■石垣市出身のシンガーソングライター古見健二をご存知だろうか。
高い音楽性と心を打つメッセージで名曲と言われる「はがいじめのR&R」を熱唱!

<出演>
狩俣倫太郎、知念臣悟、玉那覇由規、魅川憲一郎、古見健二


コメント(0)

平得☆カジマヤー
2018/01/02 08:10:41 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 島々のお祭り・行事
本日のカジマヤーパレードは、
大阿母御嶽の東から11時頃スタートするらしい。

今日も暖かそうだし、あやかりに行かなきゃだ。



コメント(0)

2018年
2018/01/01 22:48:04 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
2018年ですね。

明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年も何とぞ宜しくお願い申し上げます。

昨年お世話になった方も
今年こそお世話になる方も
本当に宜しくお願い申し上げます。

昨年は、祭りとライブに沢山行けました。

黒島の成人式や登野城のオンプール、
大浜のカースンヤー願いや
川平のマユンガナシは初めて行けました。

ほぼ例年通り、四カ字のムラプール、
大浜ムラプール、波照間島ムシャーマ、
竹富島結願祭、種子取祭、祖納の節祭も行きました。
黒島の旧正月、結願祭が行けなかったのと、
同じく黒島豊年祭が中止になったのが残念でした。

ライブは、何といっても、昨年は、
本人も石垣島に来過ぎたと心配するほど、
大好きな新良幸人さんが沢山来てくれました。
オープンなライブは全て、
内緒での開催もいくつかあったようで、
そのうち1つは行けました。
相棒の下地イサムさんのライブも行けました。

あと、数年ぶりに佐渡山豊さんや古見健二さん、
初めてのW.C.カラスさん、
CDを持っていたから前から知っていたのだろうけれど、
石垣喜幸さんにも夢中になりました。

さて、今年は、明日、平得のカジマヤーだそうです。
97歳のお祝い、風車を飾ったオープンカー(or 軽トラックみたいなの)に、
着飾ったおじいちゃん、おばあちゃんが乗ってパレード。
この時期にやるところは珍しいんじゃないかな?
あやかりたいけれど、時間や場所がはっきりしない。
10時半頃から、大阿母御嶽(ホールザーオン)かな?
10時頃、公民館に行ってみるかな?

で、14日は、平得種子取祭。
道踊りは9時頃かららしいけれど、神事は早朝。
お誘いいただいたので、行ってみようかと思うけれど、
ウチから歩いて20分ほどか。
次の場所までも20分弱。行けるかな?

とにかく、今年もいろいろ頑張ります。
皆さま、宜しくお願い申し上げます。


コメント(0)

11月26日古見健二ライブ
2017/11/25 23:05:12 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 石垣島ミュージシャン
明日は、古見健二ライブ。
すけあくろで20時から。

今ちょうど、東京の友だちが
石垣に遊びに来ている。
私が石垣住人になってから2度目の来石。

明日は、一緒にライブに行く予定。

何かオモシロいんだ。
私がその友だちに初めて会ったのは、
東京で古見健二のギターを初めて聴いた日。

偶然にも2人別々にお酒を飲みに行った店で、
古見くんがギターを弾いた。
で、2人とも彼のギターにはまってしまったのだ。

明後日は、朝一の船で竹富島だ。
中学生の卒業証書用の和紙作りを教えに行く先輩のお手伝いというか、
まぁ人手はあった方が良いだろうからね。
そんなわけで、明日、ライブが終わったら、すぐ帰るかな?


コメント(0)

初めてのマユンガナシ
2017/11/07 23:34:28 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 島々のお祭り・行事
仕事を終えて、川平に行ってきた。

マユンガナシは突然あらわれて、
45分ほどカンフツを唱え、
家に入り、主と向かい合う。

カステラとお茶が出て、お茶を飲み、
主が箸で渡した塩をなめ、酒を飲む。
汁物に南蛮漬けに刺身に、ビールに…
主の感謝の言葉を聞きながら、
ビールを沢山召し上がっていた。
マユンガナシが帰られる時に、
主は土産を渡していた。(写真は一部)

主と家族と友人たち、私はその友人の友人として伺ったのだけれど、
この1時間以上のマユンガナシの訪問を見たのは、このお宅では、10名ほど。

マユンガナシが帰られてから、
マユンガナシが座られていたテーブルでご馳走をいただいた。
同じOrion ZERO LIFEをいただいた。

銅鑼が鳴るわけでもなく、お供が沢山いるわけでもなく、
本当に神さまがあらわれて、静かに帰っていかれる。

「もう1軒行こう。次は衣装が違うんだよ」と
お誘いいただいたけれど、何故か動けなかった。

ミルクの神さまにはお会いするけれど、
こんなに長くお話してくださらないし。
こんなに長く接待を受けてもくれない。

感動的で優しい神さまだった。


コメント(0)


[ 前のページを表示 | 次の 5 件を表示 ]