八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
8/2 黒島豊年祭 2015
2015/07/31 03:30:08 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 島々のお祭り・行事
日曜日には、ミルク様に会える!

8時の八重山観光フェリーか、
9時半の安栄観光フェリーで黒島へ。

朝漕いで、耳をすませて、ジラバを聴いて、
12時ころにミルク様に会って、
婦人会の方が作られたぜんざいをいただく。

奉納芸能や午後の船を見て、16時の船で帰るかな?

八重山観光フェリーも安栄も、
船+会場までのバスで、チケット2000円。

いろいろあって、すっかりマイっているけれど、
ミルク様が、幸せを運んできてくれるはず。

黒島では、ミィラク様って感じの発音かな?

お会いできるのを楽しみにしております。

黒島の皆さんも、よろしくお願いします。


コメント(0)

本日、川平豊年祭・平得・真栄里豊年祭・宮良豊年祭
2015/07/25 02:06:58 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 島々のお祭り・行事
明日は休みが取れたので、
運が良ければ、3つの豊年祭が回れると思っていた。

石垣島に住んで、9回目の夏を迎えたけれど、
休みが取れなかったり、足が確保できなかったりで、
この3か所は、まだ2回ずつしか見に行けてない。
宮良は、お呼ばれしないと行きづらいしね。

明日のスケジュールを考えていて、気づいた。
川平と平真は、一緒に行けないや。

←ビッチュル石で有名な川平の豊年祭は、
14時ころから18時ころまでだったと思う。




で、はじめは、イビ(拝所)で、お祈りや飲食。
ビッチュルが始まるのは、16時過ぎだったと思う。

川平までは、バスで1時間強。本数も少ない。
14時に、赤イロ目宮鳥御嶽に行くには…
11時15分のバスを利用し、12時20分着。

ちょっと早すぎるから、どこかでご飯を食べよう。

御嶽の場所は、消防署のロータリーの前辺り。

ビッチュルを見て、旗頭を見て、帰ろうとすると、
バスは、18時55分、20時バスターミナル着。

ビッチュルは、たしか17時ころに終わったから、
1本前の17時のバスに乗ることもできるだろうけど、
せっかく川平まで行くなら、旗頭も見たいよね。

バスターミナルから川平までのバス代、片道720円。

もしも、バスで行く人がいたら、1日フリーパス、
全路線を1日乗り放題、1,000円を使うと良いね。


で、平得・真栄里の豊年祭、ムラプールは、
17時ころから。平得の大阿母御嶽にて。
バスターミナルから15分くらいか。
空港行きバスだから、15分に1本はある。

勇壮な旗頭や太鼓や舞踊やツナヌミンや綱引きや
八重山の豊年祭らしい豊年祭だ。

もうすぐ、ここの住人になるし、
こちらの御嶽にご挨拶にも行きたいし、
今年の川平は、あきらめるかな?どうしようか。

【写真は3枚とも川平】


コメント(0)

もうすぐ500万アクセス♪
2015/07/22 21:06:34 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
2008年5月10日に始めた、こちらのブログ。

1か月に5本も更新しなかった月もあったけれど、
現在のアクセス数、499万7629。

本日の訪問が5836だから、早ければ、
今日明日にも500万アクセス。

遅くとも今週中には行くんだね。

祭りについては、自分のための覚書のつもり、
八重山ミュージシャンについては、完全に趣味だし。

こんな適当なページにアクセスいただいた
皆さん、ありがとうございます。

今後も、無理せずに、自分にとって、
必要な情報をアップしていきますね。


コメント(0)

引越します!
2015/07/17 01:50:06 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 全般
来月、引越します!

今は、離島ターミナルの近くに住んでいますが、
ちょっと遠くに行きます。

離島に行くには不便だけれど、
今までなかったバスタブとベランダがある。

2DKから1Kに変わるので、
荷物の半分以上を捨てていかなければならない。

捨てることが苦手な私にできるのか心配。

頑張ります!


コメント(2)

竹富島種子取祭と西表島節祭
2015/07/17 01:12:34 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 島々のお祭り・行事
結願祭は各地で行われるけれど、
竹富島の種子取祭は、
八重山の祭りで1番有名なのではないかな?

今年の奉納芸能は、11/10(火)、11(水)。
庭の芸能から舞台の芸能、朝から夕方まで、2日間続く。
(実際の行事は、早朝から深夜まで続いている。)

他の島でも見られる舞踊もあるけれど、
どこでも似たものがない「サングルロ」とか、
女性の格闘技(?)「ウディボウ」とか、
様々な狂言とか、美しい棒術とか…

こんな贅沢な舞台は、どこを探してもないだろう。

宿泊場所は、石垣島で確保して、見に行こう。






西表島、祖納と干立の節祭も行きたい。
今年の奉納芸能は、11/20(金)。

祖納と干立は、別々の開催だけれど、
隣村なので、歩いて行き来することができる。
当日の潮の具合で、始まる時間帯も変わる。

まずは、祖納で、人がミルク様に変わる瞬間を見、
独特のフダチミを含む行列を見、
干立に移動し、ミルク様とオホホ様にお会いする。

他にも、獅子や棒や舟漕ぎもあるけれど、
2つの村を行ったり来たりするので、
目的を決めて動いたほうが良いだろう。

宿泊しないと、終わる時間によっては、
干立のミルク様、オホホ様に会えなかったりするので、
できれば、2日休みを取って、お泊りしたいところ。

特に、祖納のミルク起こしとミルクの舞は、
泣けるほど、美しくて、感動する。

今年もお会いしたいな。


コメント(0)


[ 次の 3 件を表示 ]