八重山島風ブログ  [PR]沖縄県民ニュースをチェック! こんにちは ゲスト さん。 ログイン・ブログをはじめる  
西表で迎えた朝
2013/12/03 23:57:29 ブログカテゴリ 日常 | 書庫 観光
しまぴとぅ文化祭が終わったのは、
予定21時をかなりまわった21時47分。

大慌てで宿に帰って、夕ご飯。

夜には、満天の星を見る予定だったのに、
ステージラストあたりから、雨が降り出した。

石垣島よりはるかに暗い西表島なのに、
庭にはハンモックもあって、
30秒でプライベートビーチなのに、
星空が見えなくて、本当に残念だった。

30秒の海からは、夜じゅう、波の音が聞こえて、
幸人さんの子どもの頃を思ったりした。

幸人さん家は、白保の海からすぐだから、
小さい頃から、毎晩、毎朝、波音を聞いて、
過ごしていたのだろう。

彼の美しい声を生んだのは、この波音も一因かもね。


目が覚めると、晴れ。

30秒のプライベートビーチで、
早朝の肌寒さを感じながら、
1人っきりの時間を過ごす。

海の近くに住んでいるとはいえ、
さすがに波音は聞こえないから、
こういう時間を過ごす事は少ない。

聴覚にも視覚にも嗅覚にも、
波に足をつけて、触覚まで、
波の味見はしていないけれど、
すべての感覚に訴えかけてきて、
しばらく動けなくなった。

夜のうちから晴れて、
ここで星が見られたら、
最高だったろうな。



このまま帰りたくなくなりそうだったので、
少し近所を散歩した。

観光客のときの目的は、西表島だったな。

滝を見て、カヌーに乗って、自然を楽しんだのだ。

石垣島に住んでいると、なかなか忙しくて、
船代もかかるし、1年に1〜2度、
イベントがあるときにしか行かなくなった。

来年は、回数券を買って、
もっとたくさん遊びにいきたいな。

自転車も持ち込んで、ゆっくり走ろう。

こう考える機会をくれた幸人さん、ありがとうね。


コメント(0)

▼このメッセージへのコメント一覧

コメントはありません。

▼このメッセージへコメントを書き込む
名前(25文字まで)
URL
コメント
画像認証 下記に表示されている数字を半角で入力してください。